セールスを行う上で重要な3つのONEについて

こんにちは、優です。

 

今回はセールスを行う上で重要な

「3つのone」

についての考え方について解説します。

 

対面やセミナーでセールスを行うにせよ

文章でセールスを行うにせよ重要な考え方です。

 

セールスが上手くいかない理由

僕が初心者だった時はセールスが全然上手くいきませんでした。

 

その理由は、伝えたい事を盛り込みすぎて

いつの間にか話が複雑になっていたからです。

 

結果的に、話が脱線して相手からすると

「何が言いたいのか分からない」

こういう状況になっていたのです。

 

これは文章で伝えるにせよ

対面で伝えるにせよ陥りやすい失敗です。

 

3つのONEによってシンプル化する

そういう時に役立つのが3つのONEという考え方です。

 

それが

・one market

・one message

・one outcome

という考え方です。

 

一つのマーケットに対して

一つのメッセージを伝え

一つの出口を用意する、という事です。

 

例えば、化粧品が売りたいのか

ビジネスが売りたいのか不明確な場合、

マーケットが二つある事になります。

 

化粧品だったら化粧品を売る、

ビジネスだったらビジネスを売るという風に

マーケットを絞ります。

 

その上でメッセージも複数あると

何が言いたいのか分かりません。

 

お金が稼げるという事を伝えたいのか、

仲間になろうと伝えたいのか、曖昧だと困ります。

 

「お金が稼げる」ことが一番伝えたい事なのであれば

メッセージも一つ「お金が稼げる」だけにします。

 

そして、最後の出口というのは

「どういう行動をしてもらうのか」

ここも一つが理想です。

 

メールの返信が欲しいのか、

購入して欲しいのか、二つの出口があると

何をすればいいのか迷います。

 

購入して欲しいなら

購入して欲しいと一つにします。

 

出口はシンプルにするコトが大事です。

 

シンプルにする = 迷わせない = 反応が上がる

このように、3つのONEでシンプルにすると

反応が上がるのです。

 

シンプル化こそ反応アップに大事なので

是非、抑えておいてください。


追伸:


どうもはじめまして、優です。




お金・時間・場所・心の自由を手に入れて

「自分らしく生きる人」を増やすべく

当サイトを運営しています。

→ 管理人プロフィールはこちら


自由人になる方法を無料公開中。




本気で自由になりたいって人は以下ものぞいてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。