3つのNOTを超えなければ商品は売れない:顧客心理と3つのNOT

こんにちは、優です。

 

今回はセールスを行う上で重要な

3つのNOTについて解説します。

 

主にコピーライティングで言われるコトなのですが

対面で人に何かを売る場合も考え方は同じです。

 

3つのNOTとは?

3つのNOTというのはセールスを受ける見込み客が

持っている3つの心理的な障壁の事を言います。

 

・not read(読まない/話を聞かない)

・not believe(信じない)

・not act(行動しない)

 

これらが3つのNOTです。

 

そもそも話を聞いてくれない、仮に聞いても信じてくれない、

たとえ信じたとしても行動してくれない、というコトです。

 

対面で人に何かをセールスしたり、

文章を書いて何かを売る場合はこの3つのNOTを

超えなければ反応がとれません。

 

逆に言うと、セールスの反応がとれない人は

・そもそもお客は話を聞いてくれると勘違いしている

・話を聞いた上で信じてくれると勘違いしている

・話を信じてくれたらすぐさま行動してくれると勘違いしている

という部分があるのです。

 

だから3つのNOTを肝に銘じておきましょう。

 

3つのNOTを超える方法

この3つのNOTを超えるためには

自分で自分に問いかけるのが一番です。

 

その文章を読んで、内容をしっかり

精読してみたいと思うかどうか?

 

内容を読んで、信じられる材料があるかどうか?

 

内容を読んで、何をすればいいか明確かどうか?

 

こういうことを考えながら

自分の文章を読むというのが大事です。

 

これは対面でセールスをする場合でも同じです。

 

 

自分の話を自分で聞いて

続きが聞きたいと思えるかどうか?

 

仮に話を聞いたとして、その話を

信じられる材料があるかどうか?

 

そして、話を信じた時に

何を行動すればいいのか明確かどうか?

 

こういうことを常に考えていく必要があります。

 

そもそもお客さんは

読まない(話を聞かない)、信じない、行動しない

という前提に立つことを常に意識してください。


追伸:


どうもはじめまして、優です。




お金・時間・場所・心の自由を手に入れて

「自分らしく生きる人」を増やすべく

当サイトを運営しています。

→ 管理人プロフィールはこちら


自由人になる方法を無料公開中。




本気で自由になりたいって人は以下ものぞいてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。